猛打賞のハム大谷 今季は“投”より“打”で頭がいっぱい?

公開日: 更新日:

 昨年のことだ。大谷翔平(22)に関して、日本ハムの首脳陣の一人が、あるOBにこう言ったそうだ。

「アイツは打つことに関して、ものすごく貪欲だし、あれこれ考えている。投げることに関しても、それくらい一生懸命にアタマを使い、試行錯誤してくれたら、いま以上の、本当に手がつけられないピッチャーになりますよ」

 大谷は二刀流を実践しているものの、入団時から「投手優先」。打者としての練習や調整は、どうしたって限られる。投手としてブレークした昨季は案の定というか、打者として打率.202、5本塁打、17打点。成績が振るわなかった分、今季は打つことに研究熱心な成果が如実に表れている。

 投手としてはいきなりつまずいたものの、打者としては5試合連続本塁打を放つなど開幕から絶好調。5番・DHで出場した26日の西武戦も4打数3安打1打点の固め打ちで勝利に貢献した。26日現在、打率.347、11本塁打、32打点とケチのつけようがない。

 大谷は右手中指のマメの影響で予定されていた31日のソフトバンク戦の先発を回避する可能性もあるとはいえ、打者として毎日試合に出てバットを振れるなら、それはそれで貢献度はデカい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る