• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

猛打賞のハム大谷 今季は“投”より“打”で頭がいっぱい?

 昨年のことだ。大谷翔平(22)に関して、日本ハムの首脳陣の一人が、あるOBにこう言ったそうだ。

「アイツは打つことに関して、ものすごく貪欲だし、あれこれ考えている。投げることに関しても、それくらい一生懸命にアタマを使い、試行錯誤してくれたら、いま以上の、本当に手がつけられないピッチャーになりますよ」

 大谷は二刀流を実践しているものの、入団時から「投手優先」。打者としての練習や調整は、どうしたって限られる。投手としてブレークした昨季は案の定というか、打者として打率.202、5本塁打、17打点。成績が振るわなかった分、今季は打つことに研究熱心な成果が如実に表れている。

 投手としてはいきなりつまずいたものの、打者としては5試合連続本塁打を放つなど開幕から絶好調。5番・DHで出場した26日の西武戦も4打数3安打1打点の固め打ちで勝利に貢献した。26日現在、打率.347、11本塁打、32打点とケチのつけようがない。

 大谷は右手中指のマメの影響で予定されていた31日のソフトバンク戦の先発を回避する可能性もあるとはいえ、打者として毎日試合に出てバットを振れるなら、それはそれで貢献度はデカい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る