左足親指の血豆で緊急降板 “夏に弱い”巨人菅野に失速不安

公開日:  更新日:

 巨人が逆転で広島を下し、ゲーム差を5.5と縮めた5日の試合。しかし、代償もあった。

 先発したエース菅野智之(26)の異変に、スタンドがざわめいたのは三回。先頭の田中に初球を投げたところで、尾花投手コーチとトレーナーがマウンドに向かった。そのままベンチに下がった菅野は数分後に戻ってきたものの、2死一塁からルナに適時二塁打。続く四回を投げ終え、五回の攻撃で代打を告げられたのだ。球数はまだ78球。6安打2失点でまさかの降板だった。

 試合後、早期降板の原因が左足親指にできた血豆だったことが判明し、「前の試合から痛みがあった。爪の中に豆ができてしまって、だんだん痛くなってきた。対策を練らないといけないですね」と菅野。「時間が経てばよくなると思います」と続けたが、もともと菅野は夏に弱い。

 一昨年は8月に右手中指を痛めて離脱し、昨年も8月は1勝3敗で防御率3.62。入団1年目の13年も8月に防御率5.16と急失速した。

 広島は今季初の3連敗で、巨人は今季最多タイの6連勝。にわかに勢いづいてきたが、エースの“鬼門”は不安材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る