疲労困憊のG菅野 中7日でダメなら二軍で“早い夏休み”も

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(26)が28日、中日戦前の練習に合流した。巨人の先発投手は登板2日後に休養日となるが、24日に先発した菅野は疲労を考慮され、26、27日と異例の「連休」が許されていた。

 開幕から中5日の登板が3試合。最近も120球以上の登板が続き、馬車馬のようにフル回転してきた。14試合で5勝4敗ながら、防御率はリーグトップの1.64。投球回数104回3分の1も同トップだ。投げ過ぎの影響か、24日のDeNA戦では今季最短の2回3分の1を自己ワーストの9失点でKOされた。

 視察したセのスコアラーは「2試合前の6回2失点で負け投手になったロッテ戦から球が別人のよう。威力はないし、制球のバラつき方も菅野じゃないみたい。どこか故障じゃないのか。そうじゃないなら、最低でも先発を1回飛ばすなどして休ませないと次も危ない。そんな状態だと見ています。巨人ってそんなに先発いませんでしたっけ?」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る