• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神宮で広島斬りも 巨人が復活ヤクルト由規に渋い顔なワケ

 巨人は複雑だろう。

 7月24日の中日戦で1786日ぶりの勝利を挙げたヤクルトの由規(26)が、4日の広島戦で6回を3安打無失点。7四球と制球に苦しみ、毎回のように走者を得点圏に背負いながら、しかし、決定打を許さなかった。首位の広島から“金星”を挙げ、5年ぶりとなる本拠地のお立ち台。一瞬、声を詰まらせ「神宮のマウンドに立って勝つことだけを考えてリハビリをしてきた。勝てて良かったです」と語った。

 由規のおかげで、試合のなかった巨人は広島とのゲーム差を6.5に縮めたが、ヤクルトと8試合を残す巨人にとっても、厄介な投手が復活したことになるわけである。

「由規の巨人戦通算対戦成績は、08年から故障するまでの4年間で6勝10敗、防御率3.86。巨人が特別に分が悪いわけではありませんが、キレのあるスライダーと荒れ球に『やりにくい相手』と顔をしかめるナインが当時は結構いましたからね」(巨人OB)

 この日、2安打を放った女房役の西田は何度も「とにかく由規さんを勝たせるために」と口にしていた。右肩を痛め、育成契約に“降格”しながら、丸4年も苦しいリハビリをしてきた由規の登板時には、ヤクルトナインが一丸となるプラスアルファもあるから、巨人にとっては厄介ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る