ケガの功名で一石三鳥…日ハム大谷“野手専念”の貢献度

公開日:  更新日:

 日本ハムの大谷翔平(22)は7月中盤に右手中指を負傷、いまだ先発登板のメドが立っていない。しかし、そこは球界でも例のない、「本格派二刀流」。野手として連日、打ちまくっている。

 6日は1試合で2本の2ランを放つと、昨7日も4打数2安打。ソフトバンクとの首位攻防戦で大暴れし、勝ち越しに貢献した。日曜日先発の二刀流なら週4日しか試合に出られないが、野手専念なら6日出場できる。毎試合、中軸打者として相手バッテリーに恐怖を与えられるのだ。

「投手大谷」にとっても悪いことではない。

「筋肉量を5キロアップさせて臨んだ今季は、体の使い方も手探り。投球が安定してきたのは5月の下旬からです。しかも、160キロ超えの速球を投げ続けた上、実質的エースという立場だけに精神的にも負担が大きかったはず。前半戦の疲労は昨季以上で、栗山監督が野手起用にストップをかけたこともある。それだけに肩とヒジを休ませることが出来るのは、終盤戦に向けてプラスになる」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る