テラス席弾は1本のみ ハム大谷のHR競争Vに球場大興奮!

公開日: 更新日:

 昨季、テラス席が増設され、外野が狭くなったヤフオクドーム。ある球団関係者は「ただ狭くなっただけじゃない」と、こう話していた。

「テラス増設工事後の形は、東京ドームとまったく同じ。右翼と左翼のふくらみがないところまで一緒です。その上、テラスのフェンスは東京ドームのそれより低い。日本一、ホームランが出やすい球場ではないか」

 そんなヤフオクドームで行われた15日のオールスター初戦。ホームラン競争では派手な打ち合いが期待され、出場選手に選ばれた山田(ヤクルト)も、「テラスにいっぱい放り込みたい」と話していた。

 が、球場の形状など関係なく、ファンの度肝を抜いたのがホームラン競争初出場の大谷(22=日本ハム)だ。準決勝では5本を打った山田を上回る6本塁打。打球のことごとくがスタンド上段に突き刺さり、テラスに入ったのはライナー性の打球のみ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る