• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打線急失速…常勝ソフトB二夜連続完封負けの不吉ムード

 暑い夏場に入ったから小休止……というわけでもないだろう。

 7月に入り、首位ソフトバンクの打線が急失速している。19日はオリックスに二夜連続となる零封負けで、23イニング連続無得点。二塁ベースすら踏めず、先発の西に今季初完封を許した。

 ソフトバンクの零封負けは今季6度目。うち5回は7月以降だ。

 チーム成績を見れば、打率.263はリーグ3位、383得点は同2位と、決して悪い数字ではない。2位日本ハムとも、まだ4.5ゲームの差がある。豊富な戦力を加味すれば、そう簡単に優勝を逃すとも思えない。工藤監督も「こういうときもありますよ。切り替えて、また明日」と、余裕すら感じる口ぶりだった。

 しかし、それにしては気になる打線の低空飛行ぶり。工藤監督の余裕は本心なのか、それとも不安の裏返しなのか。何となくだが、常勝球団に嫌なムードが漂い始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る