• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打線急失速…常勝ソフトB二夜連続完封負けの不吉ムード

 暑い夏場に入ったから小休止……というわけでもないだろう。

 7月に入り、首位ソフトバンクの打線が急失速している。19日はオリックスに二夜連続となる零封負けで、23イニング連続無得点。二塁ベースすら踏めず、先発の西に今季初完封を許した。

 ソフトバンクの零封負けは今季6度目。うち5回は7月以降だ。

 チーム成績を見れば、打率.263はリーグ3位、383得点は同2位と、決して悪い数字ではない。2位日本ハムとも、まだ4.5ゲームの差がある。豊富な戦力を加味すれば、そう簡単に優勝を逃すとも思えない。工藤監督も「こういうときもありますよ。切り替えて、また明日」と、余裕すら感じる口ぶりだった。

 しかし、それにしては気になる打線の低空飛行ぶり。工藤監督の余裕は本心なのか、それとも不安の裏返しなのか。何となくだが、常勝球団に嫌なムードが漂い始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る