打線急失速…常勝ソフトB二夜連続完封負けの不吉ムード

公開日: 更新日:

 暑い夏場に入ったから小休止……というわけでもないだろう。

 7月に入り、首位ソフトバンクの打線が急失速している。19日はオリックスに二夜連続となる零封負けで、23イニング連続無得点。二塁ベースすら踏めず、先発の西に今季初完封を許した。

 ソフトバンクの零封負けは今季6度目。うち5回は7月以降だ。

 チーム成績を見れば、打率.263はリーグ3位、383得点は同2位と、決して悪い数字ではない。2位日本ハムとも、まだ4.5ゲームの差がある。豊富な戦力を加味すれば、そう簡単に優勝を逃すとも思えない。工藤監督も「こういうときもありますよ。切り替えて、また明日」と、余裕すら感じる口ぶりだった。

 しかし、それにしては気になる打線の低空飛行ぶり。工藤監督の余裕は本心なのか、それとも不安の裏返しなのか。何となくだが、常勝球団に嫌なムードが漂い始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る