走り込みに影響か G菅野“左足マメ”をOB投手2人が懸念

公開日:  更新日:

 巨人の菅野智之(26)が6日に登録を抹消された。5日の広島戦の試合中に左足親指爪の中にできた血マメをつぶし、4回2失点で降板していた。尾花投手コーチは「月末から9月にかけて、フル回転してもらわないといけない。10日で大丈夫じゃないか」と軽症を強調しているが、巨人などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏はこう言う。

「可能性としては、投球フォームを変えた時か、スパイクの底にある金具がぶつかってできることもあります。菅野は開幕前に『相手を圧倒する投球をしたい』といろいろ変えて今季に臨んでいるため、春先に痛めたなら分かりますが、この時期というのは不可解。投球フォームのバランスが崩れている可能性も考えられます。たかがマメと簡単に片付けず、原因を調べることが重要です」

 元巨人投手コーチの中村稔氏はこう見る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る