日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

走り込みに影響か G菅野“左足マメ”をOB投手2人が懸念

 巨人の菅野智之(26)が6日に登録を抹消された。5日の広島戦の試合中に左足親指爪の中にできた血マメをつぶし、4回2失点で降板していた。尾花投手コーチは「月末から9月にかけて、フル回転してもらわないといけない。10日で大丈夫じゃないか」と軽症を強調しているが、巨人などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏はこう言う。

「可能性としては、投球フォームを変えた時か、スパイクの底にある金具がぶつかってできることもあります。菅野は開幕前に『相手を圧倒する投球をしたい』といろいろ変えて今季に臨んでいるため、春先に痛めたなら分かりますが、この時期というのは不可解。投球フォームのバランスが崩れている可能性も考えられます。たかがマメと簡単に片付けず、原因を調べることが重要です」

 元巨人投手コーチの中村稔氏はこう見る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事