日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラスト50mで一気加速 坂井聖人“反骨心”が生んだ銀メダル

 日本競泳界の新鋭が「水の怪物」に最後まで追いすがった。

 リオ五輪競泳の男子200メートルバタフライ決勝は9日(日本時間10日午前)に行われ、坂井聖人(21=早稲田大3年)が1分53秒40で銀メダルを獲得。優勝は1分53秒36をマークした「水の怪物」マイケル・フェルプス(31=米国)で、400メートル個人メドレー銅に続く2個目のメダル取りが有力視された同じ早大の瀬戸大也(22)は、1分54秒82で5位に終わった。

 スターターのタイミングが合わず、スタートをやり直し。競泳では極めて珍しいハプニングにも坂井は動じなかった。仕切り直しのスタートでは完璧なタイミングで飛び込むと、最初の50メートルこそ出遅れたが徐々にペースアップ。100メートルを過ぎて先行するフェルプス、瀬戸との距離を縮め、最後の50メートルで一気に加速してフェルプスに0秒04差でフィニッシュ。初めての五輪で、瀬戸らトップスイマーを抑えて2位に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事