• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片山と池田は初日50位 男子ゴルフ日本勢はメダル圏外発進

 112年ぶりに復活したゴルフ競技。60人枠の出場基準は世界ランキングだが、トップ4(J・デイ、D・ジョンソン、J・スピース、R・マキロイ)や、松山英樹、A・スコットら人気選手が相次いで辞退したことで、盛り上がりに欠ける顔ぶれになった。

 初日首位は欧州ツアー3勝、アジアンツアー2勝、豪州ツアー1勝、米下部ツアー3勝と世界中を渡り歩くマーカス・フレーザー(豪=38)。4連続を含む9バーディー、1ボギーの63で回り、8アンダーまで伸ばした。

 そのフレーザーと同組の片山晋呉(43)はアウトの2番でボギーが先行。だが直後の3番2メートル、6番3メートルのバーディーパットを決めて1アンダーでターンした。ところが10番で3パットボギーをたたくと、13番は1打目を左ブッシュに曲げてロストボールになりダブルボギー。15番でもボギーをたたき3オーバー50位タイ。また池田勇太(30)も1バーディー、4ボギーの74で回り50位タイだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る