日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池田勇太の“文句”で不手際露呈 JGA「言い訳」の一部始終

 リオ五輪で112年ぶりに復活するゴルフをめぐり、JGA(日本ゴルフ協会)五輪ゴルフ競技対策本部の不手際がメディアに報じられている。

 全米プロゴルフ選手権(28日開幕)後からそのままブラジル入りする日本代表の池田勇太(30)は、事前に開会式への出席を希望する旨を伝えていたが、チケットが取れなかったため、参加を断念。キャディーを含め、自費で便をおさえて渡航する。

 現地ではジカ熱への感染が懸念され、朝は10度前後まで気温が下がるというのに、ユニホームのリスト(7月19日発表)にはレインウエア以外、長袖の上着は用意されておらず、池田の元に届いたのはバッグ、ポロシャツなど一部ウエアだけ。

■開会式の参加希望は「聞いていなかった」

 対策本部事務局の高須晧友氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事