リオ辞退者続出にIOC会長が奥の手「ゴルフ評価見直しも」

公開日: 更新日:

 有力選手の欠場続出に国際オリンピック委員会(IOC)が奥の手をちらつかせ始めた。

 IOCのトーマス・バッハ会長は13日(日本時間14日)、ゴルフのトップ選手によるリオ五輪への出場辞退が相次いでいることに「個人の決断を尊重する」と一定の理解を示しながら、皮肉も忘れなかった。

 正式種目としては1904年以来の実施。同会長は「大会を楽しみにしている」と期待を寄せたが「今大会終了後には他の競技も含めて(五輪種目としての)評価を見直す必要がある」と実施競技からの除外を検討すると示唆した。

 今大会はジカウイルスの脅威や治安の悪さを理由に男子の世界ランキング上位4人を含む20人の選手が出場辞退を表明している。

 大会期間中の集客、テレビ視聴率の低迷につながりかねないだけに、バッハ会長は「トップ選手の参加が主な評価基準の一つになる」と20年東京五輪への積極的な参加を呼び掛けた。

 8月に行われるIOC理事会ではゴルフの存続が議題に上がるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る