リオ辞退者続出にIOC会長が奥の手「ゴルフ評価見直しも」

公開日:  更新日:

 有力選手の欠場続出に国際オリンピック委員会(IOC)が奥の手をちらつかせ始めた。

 IOCのトーマス・バッハ会長は13日(日本時間14日)、ゴルフのトップ選手によるリオ五輪への出場辞退が相次いでいることに「個人の決断を尊重する」と一定の理解を示しながら、皮肉も忘れなかった。

 正式種目としては1904年以来の実施。同会長は「大会を楽しみにしている」と期待を寄せたが「今大会終了後には他の競技も含めて(五輪種目としての)評価を見直す必要がある」と実施競技からの除外を検討すると示唆した。

 今大会はジカウイルスの脅威や治安の悪さを理由に男子の世界ランキング上位4人を含む20人の選手が出場辞退を表明している。

 大会期間中の集客、テレビ視聴率の低迷につながりかねないだけに、バッハ会長は「トップ選手の参加が主な評価基準の一つになる」と20年東京五輪への積極的な参加を呼び掛けた。

 8月に行われるIOC理事会ではゴルフの存続が議題に上がるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る