日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「4番」でチーム牽引も…巨人に“脱・阿部依存”のジレンマ

 この人が4番に座って潮目が変わった。巨人の阿部慎之助(37)である。

 11日のDeNA戦で、巨人は追い上げ及ばず4-5で敗れた。高橋由伸監督(41)は「何とか追い上げたけど、前半に相手を攻略できずに、1点でも少なく抑えなくてはいけないところで取られて、こういう結果になったんでしょう」と淡々。この日4タコに終わった阿部の連続試合安打は、球団歴代4位タイの23でストップしたものの、打線のど真ん中でチームを牽引しているのは、紛れもなくこの男である。

 連敗中だった先月24日のDeNA戦から4番に入ると、チームはその後11勝3敗。首位の広島を猛追する原動力となっている。坂本の3番はそのままだが、4番に阿部が入るや、打率は.313から.340に急上昇、リーグトップに立つのだから、まさに相乗効果である。それまで4番を張った長野は1番に回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事