東京五輪で野球復活決定 早くも浮上する代表監督の名前

公開日:  更新日:

 東京だけの「臨時採用」ともっぱらだ。国際オリンピック委員会(IOC)は、現地時間3日(日本時間4日未明)に行った総会で、20年東京五輪の追加種目を審議し、野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技18種目が満場一致で承認された。

 5競技を一括提案した背景には、08年北京大会を最後に正式種目から除外された人気競技の野球をどうしても復活させたいという思惑があったからだ。

 あるアマ競技の関係者がこう言う。

「若者に人気のある競技を採用したいIOCにとって、野球は何の魅力もない。米国はメジャーリーグのトップ選手を出さず、世界的に普及している競技でもない。しかも、東京五輪の野球は、追加種目全体の選手人数に上限(500人)があるためたった6カ国しか出られない。だから参加国の半数はメダルが取れるわけだが、それもおかしな話です。IOCはその程度にしか野球のことを考えていないのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る