体操床“本命”白井がまさかの4位…池谷幸雄氏が敗因を分析

公開日: 更新日:

 技の難しさ、演技の美しさに定評のある「体操ニッポン」のエース2人がもろくも崩れ去った。

 体操の種目別決勝は14日(日本時間15日未明)、男子ゆか運動を行い、世界選手権2大会(13、15年)連続王者で金メダルが有力視された白井健三(19)が4位。前回のロンドン大会銅メダルの内村航平(27)は5位に終わり、金銀独占どころか揃ってメダルを逃した。

「ひねり王子」の異名を持つ白井は「シライ/グエン」(後方伸身宙返り4回ひねり)、「シライ2」(前方伸身宙返り3回ひねり)など自身の名を冠した大技を繰り出したが、いずれも着地を乱した。Dスコア(技の難度を評価)は出場8選手で唯一の7点台(7.600)をマークしながら、着地で減点されてEスコア(技の出来栄えを評価)は7.766。合計15.366と得点を伸ばせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る