• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体操床“本命”白井がまさかの4位…池谷幸雄氏が敗因を分析

 技の難しさ、演技の美しさに定評のある「体操ニッポン」のエース2人がもろくも崩れ去った。

 体操の種目別決勝は14日(日本時間15日未明)、男子ゆか運動を行い、世界選手権2大会(13、15年)連続王者で金メダルが有力視された白井健三(19)が4位。前回のロンドン大会銅メダルの内村航平(27)は5位に終わり、金銀独占どころか揃ってメダルを逃した。

「ひねり王子」の異名を持つ白井は「シライ/グエン」(後方伸身宙返り4回ひねり)、「シライ2」(前方伸身宙返り3回ひねり)など自身の名を冠した大技を繰り出したが、いずれも着地を乱した。Dスコア(技の難度を評価)は出場8選手で唯一の7点台(7.600)をマークしながら、着地で減点されてEスコア(技の出来栄えを評価)は7.766。合計15.366と得点を伸ばせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る