日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体操女子個人総合で金 バイルスは母に捨てられた“女王蜂”

 142センチの小さな“女王蜂”が大きな仕事をやってのけた――。

 体操女子個人総合で金メダルを手にしたシモーン・バイルス(19=米国)。2位のアレクサンドラ・レイズマン(22=同)に2.100ポイント差をつけての圧勝だった。

 12年のロンドン五輪は年齢制限で出場できなかったが、13年の世界選手権(ベルギー)でアフリカ系米国人初の個人総合の王者になると、14年(中国)、15年(英国)でも優勝。体操女子初の個人総合3連覇を成し遂げた。リオの金メダルは“当たり前”とのムードの中、重圧をはねのけて初めて五輪で頂点に立った。

 バイルスは97年オハイオ州生まれ。4人きょうだいの3番目だ。産みの母親はドラッグとアルコール依存で4人の子どもの育児を放棄。バイルスは3歳の時、祖父とその後妻のネリーに預けられ、後に養子となる。“育てのママ”ネリーは、バイルスの支えになり、体操でスランプの時も我が子を励まし続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事