体操女子個人総合で金 バイルスは母に捨てられた“女王蜂”

公開日:  更新日:

 142センチの小さな“女王蜂”が大きな仕事をやってのけた――。

 体操女子個人総合で金メダルを手にしたシモーン・バイルス(19=米国)。2位のアレクサンドラ・レイズマン(22=同)に2.100ポイント差をつけての圧勝だった。

 12年のロンドン五輪は年齢制限で出場できなかったが、13年の世界選手権(ベルギー)でアフリカ系米国人初の個人総合の王者になると、14年(中国)、15年(英国)でも優勝。体操女子初の個人総合3連覇を成し遂げた。リオの金メダルは“当たり前”とのムードの中、重圧をはねのけて初めて五輪で頂点に立った。

 バイルスは97年オハイオ州生まれ。4人きょうだいの3番目だ。産みの母親はドラッグとアルコール依存で4人の子どもの育児を放棄。バイルスは3歳の時、祖父とその後妻のネリーに預けられ、後に養子となる。“育てのママ”ネリーは、バイルスの支えになり、体操でスランプの時も我が子を励まし続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る