体操女子個人総合で金 バイルスは母に捨てられた“女王蜂”

公開日: 更新日:

 142センチの小さな“女王蜂”が大きな仕事をやってのけた――。

 体操女子個人総合で金メダルを手にしたシモーン・バイルス(19=米国)。2位のアレクサンドラ・レイズマン(22=同)に2.100ポイント差をつけての圧勝だった。

 12年のロンドン五輪は年齢制限で出場できなかったが、13年の世界選手権(ベルギー)でアフリカ系米国人初の個人総合の王者になると、14年(中国)、15年(英国)でも優勝。体操女子初の個人総合3連覇を成し遂げた。リオの金メダルは“当たり前”とのムードの中、重圧をはねのけて初めて五輪で頂点に立った。

 バイルスは97年オハイオ州生まれ。4人きょうだいの3番目だ。産みの母親はドラッグとアルコール依存で4人の子どもの育児を放棄。バイルスは3歳の時、祖父とその後妻のネリーに預けられ、後に養子となる。“育てのママ”ネリーは、バイルスの支えになり、体操でスランプの時も我が子を励まし続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る