体操女子個人総合で金 バイルスは母に捨てられた“女王蜂”

公開日: 更新日:

 142センチの小さな“女王蜂”が大きな仕事をやってのけた――。

 体操女子個人総合で金メダルを手にしたシモーン・バイルス(19=米国)。2位のアレクサンドラ・レイズマン(22=同)に2.100ポイント差をつけての圧勝だった。

 12年のロンドン五輪は年齢制限で出場できなかったが、13年の世界選手権(ベルギー)でアフリカ系米国人初の個人総合の王者になると、14年(中国)、15年(英国)でも優勝。体操女子初の個人総合3連覇を成し遂げた。リオの金メダルは“当たり前”とのムードの中、重圧をはねのけて初めて五輪で頂点に立った。

 バイルスは97年オハイオ州生まれ。4人きょうだいの3番目だ。産みの母親はドラッグとアルコール依存で4人の子どもの育児を放棄。バイルスは3歳の時、祖父とその後妻のネリーに預けられ、後に養子となる。“育てのママ”ネリーは、バイルスの支えになり、体操でスランプの時も我が子を励まし続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る