テレビ局、CM界が猛烈秋波 男子体操5人“SUKTY”のお値段

公開日:  更新日:

 テレビ界が将来を担うアイドルキャスターの出現に狂喜乱舞――ほかでもないリオ五輪、男子体操(内村航平・加藤凌平・白井健三・田中佑典・山室光史)の大活躍である。

 まずは団体。予選でミスが相次ぎ、4位での決勝進出だったが、奇跡の大逆転を成し遂げ、アテネ以来3大会ぶりとなる金メダルを獲得。続く個人総合では内村航平が最後の鉄棒で僅差の大逆転を演じて五輪2連覇を達成した。大逆転2連発はすごいの一言。彼らにテレビ界が猛烈な秋波を送っているのは想像に難くない。

 芸能リポーターの川内天子さんがこう言う。

「あの5人の顔を見ましたか。5人ともイケメンで、しかも個性的です。それこそアイドルも真っ青と言ってもいいくらい、いい顔をしている。今、体操男子5人をテレビに出せば高視聴率は約束されたようなもの。バラエティーや情報番組などに引っ張りだこになるのは確実で、各局がリオ五輪の制作スタッフを通じ、早くも出演交渉を始めているそうです。リポーターにとっても要チェックの“タレント”です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る