内村は「ポケモンGO」がアダ? 男子体操“大失態”の原因

公開日: 更新日:

 集中力の差が成績に表れたのではないか。

 リオ五輪男子体操は6日、団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた演技が行われ、内村航平(27)が種目別を兼ねる団体予選の鉄棒で落下。種目別決勝を逃した。他の選手にもミスが続出し、あん馬と鉄棒、つり輪は決勝へ進めなかった。結局日本は団体予選で4位通過。8日に行われる決勝の演技順は、あん馬から始まり、床が最後となる。金メダル取りの最大のライバルである中国は予選トップ。日本が得意とする床から始まり鉄棒で終わる順となる。個人総合は内村と加藤が決勝行きを決めた。

 それにしても、エースが得意種目で落下したことは周囲を驚かせた。

「普段落下するところじゃないところで落下した。練習でうまくいっていたので、過信していた部分はあった」と内村は言ったが、このミスはある程度予想できた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る