なるか“為末超え” 野沢啓佑が400m障害準決勝へ意気込み

公開日: 更新日:

 リオ五輪陸上男子400メートル障害で野沢啓佑(25)が初の五輪で準決勝を決めた。

 予選4組のトップでゴール。前半から積極的に飛ばすと、その後もスピードが落ちなかった。自己ベストを0秒05更新する48秒62は、予選全体6番目となる好タイム。レース後は、「予選の目標は自己ベストだった。達成できてよかった」と充実の表情だった。

 この種目での準決勝進出は、為末大が04年アテネ大会で達成して以来3大会ぶり。憧れのその為末も成し遂げられなかった、日本の五輪史上初となる決勝進出を目標に置く。

 日本時間17日午前の準決勝を前に、「あとはチャレンジするだけ。最低でも自己ベストで終われるようにやりたい」と意気込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  3. 3

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  4. 4

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  5. 5

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  6. 6

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

  10. 10

    三菱重工業<上>創業の地「長崎」から造船の灯が消える日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る