男子100m“夢の9秒台”届かず 山県、ケンブリッジ準決敗退

公開日:  更新日:

 日本時間15日午前に行われたリオ五輪陸上の男子100メートル準決勝で2組の山県亮太(24)、3組のケンブリッジ飛鳥(23)がともに敗退。日本人84年ぶりとなる決勝進出を目指したが、タイムはそれぞれ10秒05の5着、10秒17の7着だった。

 山県は自己ベストを0秒01更新したものの、同組で世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)は9秒86で余裕のトップ。ケンブリッジと同組でロンドン五輪銅メダルのガトリン(34=米国)も9秒94の1位。世界のレベルを改めて思い知らされることになった。

 前日の予選を山県は10秒20、ケンブリッジは10秒13で突破。特にケンブリッジは自己ベストに0秒03差と迫る快走を見せて、「今季で一番調子がいい。タイムももう少しいけるかなという手応えがある」と自信タップリだった。準決勝では、10秒23で予選落ちした桐生祥秀(20)に代わって、日本人初の9秒台も期待されたものの、タイムは伸びなかった。

▽ケンブリッジの話「もうちょっとやれるかと思った。悔しいですね。予選よりタイムを落としてしまって、これが今の実力だと思う。期待に応えられず残念です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る