男子100m“夢の9秒台”届かず 山県、ケンブリッジ準決敗退

公開日:  更新日:

 日本時間15日午前に行われたリオ五輪陸上の男子100メートル準決勝で2組の山県亮太(24)、3組のケンブリッジ飛鳥(23)がともに敗退。日本人84年ぶりとなる決勝進出を目指したが、タイムはそれぞれ10秒05の5着、10秒17の7着だった。

 山県は自己ベストを0秒01更新したものの、同組で世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)は9秒86で余裕のトップ。ケンブリッジと同組でロンドン五輪銅メダルのガトリン(34=米国)も9秒94の1位。世界のレベルを改めて思い知らされることになった。

 前日の予選を山県は10秒20、ケンブリッジは10秒13で突破。特にケンブリッジは自己ベストに0秒03差と迫る快走を見せて、「今季で一番調子がいい。タイムももう少しいけるかなという手応えがある」と自信タップリだった。準決勝では、10秒23で予選落ちした桐生祥秀(20)に代わって、日本人初の9秒台も期待されたものの、タイムは伸びなかった。

▽ケンブリッジの話「もうちょっとやれるかと思った。悔しいですね。予選よりタイムを落としてしまって、これが今の実力だと思う。期待に応えられず残念です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る