• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子100m“夢の9秒台”届かず 山県、ケンブリッジ準決敗退

 日本時間15日午前に行われたリオ五輪陸上の男子100メートル準決勝で2組の山県亮太(24)、3組のケンブリッジ飛鳥(23)がともに敗退。日本人84年ぶりとなる決勝進出を目指したが、タイムはそれぞれ10秒05の5着、10秒17の7着だった。

 山県は自己ベストを0秒01更新したものの、同組で世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)は9秒86で余裕のトップ。ケンブリッジと同組でロンドン五輪銅メダルのガトリン(34=米国)も9秒94の1位。世界のレベルを改めて思い知らされることになった。

 前日の予選を山県は10秒20、ケンブリッジは10秒13で突破。特にケンブリッジは自己ベストに0秒03差と迫る快走を見せて、「今季で一番調子がいい。タイムももう少しいけるかなという手応えがある」と自信タップリだった。準決勝では、10秒23で予選落ちした桐生祥秀(20)に代わって、日本人初の9秒台も期待されたものの、タイムは伸びなかった。

▽ケンブリッジの話「もうちょっとやれるかと思った。悔しいですね。予選よりタイムを落としてしまって、これが今の実力だと思う。期待に応えられず残念です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る