• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

100mで史上初3連覇 ボルトが狙う“短距離2冠”ボーナス1億円

 3大会連続3冠を目指す世界最速男が1つ目のタイトルを手にした。

 リオ五輪の陸上男子100メートル決勝は日本時間15日午前に行われ世界記録(9秒58)保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が9秒81(追い風0・2メートル)の今季最高記録で優勝。同種目では五輪史上初の3大会連続金メダルを獲得した。

 ボルトはスタートでやや出遅れ、中盤まではライバルのガトリン、ブロメル(ともに米国)らに先行を許す。70メートル付近で一気に加速してライバルをかわすと、最後は勝ち誇るように右手親指を自分の胸に当ててゴール。リオ五輪選考会を兼ねた7月のジャマイカ選手権で痛めた左太ももの影響を懸念されたが、力強い走りで一蹴してみせた。

 レース後にはジャマイカ国旗を羽織り「ライトニング・ボルト」といわれる弓矢を射るようなポーズを披露して観衆の声援に応えたボルト。すでに今大会が最後の五輪になると明言し、「一番欲しいのは200メートルの世界新記録。19秒の壁を突破したい」と自身の持つ19秒19の更新を目標に掲げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る