100mで史上初3連覇 ボルトが狙う“短距離2冠”ボーナス1億円

公開日:  更新日:

 3大会連続3冠を目指す世界最速男が1つ目のタイトルを手にした。

 リオ五輪の陸上男子100メートル決勝は日本時間15日午前に行われ世界記録(9秒58)保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が9秒81(追い風0・2メートル)の今季最高記録で優勝。同種目では五輪史上初の3大会連続金メダルを獲得した。

 ボルトはスタートでやや出遅れ、中盤まではライバルのガトリン、ブロメル(ともに米国)らに先行を許す。70メートル付近で一気に加速してライバルをかわすと、最後は勝ち誇るように右手親指を自分の胸に当ててゴール。リオ五輪選考会を兼ねた7月のジャマイカ選手権で痛めた左太ももの影響を懸念されたが、力強い走りで一蹴してみせた。

 レース後にはジャマイカ国旗を羽織り「ライトニング・ボルト」といわれる弓矢を射るようなポーズを披露して観衆の声援に応えたボルト。すでに今大会が最後の五輪になると明言し、「一番欲しいのは200メートルの世界新記録。19秒の壁を突破したい」と自身の持つ19秒19の更新を目標に掲げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る