「自分のために」 レスリング太田忍“お気楽ファイト”で銀

公開日:  更新日:

 リオ五輪レスリング初日の男子グレコローマン59キロ級決勝で太田忍(22)がイスマエル・ボレロモリナ(24=キューバ)と対戦。0-8のテクニカルフォールで敗れ銀メダルに終わった。日本男子は52年ヘルシンキ大会から続く(不参加のモスクワ除く)メダル獲得を16大会に伸ばした。

 太田はパワーで勝る相手に終始、押され気味。投げ技などで計6点を失って第1ピリオドを折り返すと、第2ピリオドでバックを取られて(2点追加)マットに沈んだ。

 太田は1回戦でロンドン大会金メダルのハミド・ソルヤン(イラン)を5-4で撃破。その後も昨年の世界選手権(米国・ラスベガス)2、3位の選手を相次いで破る快進撃を見せたが、最後に息切れである。

「初出場でもプレッシャーや緊張はなかった。のびのびと戦えた」と振り返った通り、自然体で試合に臨むのが太田のスタイル。初めて五輪のマットに上がる男子選手は実力を発揮しきれないケースが珍しくない。周囲の期待やプレッシャーでガチガチになるためだが、太田はそんな雑念とは一切、無縁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る