• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「自分のために」 レスリング太田忍“お気楽ファイト”で銀

 リオ五輪レスリング初日の男子グレコローマン59キロ級決勝で太田忍(22)がイスマエル・ボレロモリナ(24=キューバ)と対戦。0-8のテクニカルフォールで敗れ銀メダルに終わった。日本男子は52年ヘルシンキ大会から続く(不参加のモスクワ除く)メダル獲得を16大会に伸ばした。

 太田はパワーで勝る相手に終始、押され気味。投げ技などで計6点を失って第1ピリオドを折り返すと、第2ピリオドでバックを取られて(2点追加)マットに沈んだ。

 太田は1回戦でロンドン大会金メダルのハミド・ソルヤン(イラン)を5-4で撃破。その後も昨年の世界選手権(米国・ラスベガス)2、3位の選手を相次いで破る快進撃を見せたが、最後に息切れである。

「初出場でもプレッシャーや緊張はなかった。のびのびと戦えた」と振り返った通り、自然体で試合に臨むのが太田のスタイル。初めて五輪のマットに上がる男子選手は実力を発揮しきれないケースが珍しくない。周囲の期待やプレッシャーでガチガチになるためだが、太田はそんな雑念とは一切、無縁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る