日ハム大谷 17本塁打より価値ある“驚異の出塁率”4割5分超

公開日:  更新日:

 とにかく気持ちいいくらいバットを振る。指のまめの影響で目下、野手に専念している日本ハムの大谷翔平(22)のことだ。

 昨夜の楽天戦。1点を追う六回1死三塁で、左腕・辛島の高めスライダーを右中間スタンドに放り込む逆転の17号。「外野フライを打つつもりだった」という割には、力強いスイングだった。

 この日は4打数1安打。本塁打以外の打席は一ゴロと2三振。前日までの2試合は計5三振を食らっている。打者としてここまで253打席で62三振。17本塁打は評価できる数字でも、1試合に1個近く三振をしている計算になる。打席数が少ないこともあって「三振か一発か」の印象すらあるものの、大谷の打者としての価値は.341の打率はもちろん、.451という出塁率の高さが示している。パで出塁率トップの柳田の.447をしのぐ割合で塁に出ているのだ。

 メジャーのセイバーメトリクスで、特に重視されるのが出塁率。アスレチックスのビーンGMはかつて、出塁率の高い選手を集めることで黄金時代を築いた。大谷の打者としての貢献度は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る