• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷 17本塁打より価値ある“驚異の出塁率”4割5分超

 とにかく気持ちいいくらいバットを振る。指のまめの影響で目下、野手に専念している日本ハムの大谷翔平(22)のことだ。

 昨夜の楽天戦。1点を追う六回1死三塁で、左腕・辛島の高めスライダーを右中間スタンドに放り込む逆転の17号。「外野フライを打つつもりだった」という割には、力強いスイングだった。

 この日は4打数1安打。本塁打以外の打席は一ゴロと2三振。前日までの2試合は計5三振を食らっている。打者としてここまで253打席で62三振。17本塁打は評価できる数字でも、1試合に1個近く三振をしている計算になる。打席数が少ないこともあって「三振か一発か」の印象すらあるものの、大谷の打者としての価値は.341の打率はもちろん、.451という出塁率の高さが示している。パで出塁率トップの柳田の.447をしのぐ割合で塁に出ているのだ。

 メジャーのセイバーメトリクスで、特に重視されるのが出塁率。アスレチックスのビーンGMはかつて、出塁率の高い選手を集めることで黄金時代を築いた。大谷の打者としての貢献度は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る