日ハム大谷 17本塁打より価値ある“驚異の出塁率”4割5分超

公開日:  更新日:

 とにかく気持ちいいくらいバットを振る。指のまめの影響で目下、野手に専念している日本ハムの大谷翔平(22)のことだ。

 昨夜の楽天戦。1点を追う六回1死三塁で、左腕・辛島の高めスライダーを右中間スタンドに放り込む逆転の17号。「外野フライを打つつもりだった」という割には、力強いスイングだった。

 この日は4打数1安打。本塁打以外の打席は一ゴロと2三振。前日までの2試合は計5三振を食らっている。打者としてここまで253打席で62三振。17本塁打は評価できる数字でも、1試合に1個近く三振をしている計算になる。打席数が少ないこともあって「三振か一発か」の印象すらあるものの、大谷の打者としての価値は.341の打率はもちろん、.451という出塁率の高さが示している。パで出塁率トップの柳田の.447をしのぐ割合で塁に出ているのだ。

 メジャーのセイバーメトリクスで、特に重視されるのが出塁率。アスレチックスのビーンGMはかつて、出塁率の高い選手を集めることで黄金時代を築いた。大谷の打者としての貢献度は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る