甲子園でも目立つ初戦負け…野球名門校“凋落”の理由

公開日:  更新日:

「アノ人も大変なんだろうなぁ」

 夏の甲子園に出場したある高校の監督がポツリとつぶやいた。「アノ人」とは帝京(東東京)の前田監督のことだ。

「7日の開会式の日に部員を引き連れてスタンドに来ていて驚いたよ。大阪桐蔭との練習試合で関西遠征をしていたようだけど、テレビ解説で来ることはあっても、部員と一緒にスタンドに来るなんて今までなかったんじゃないかな。甲子園を逃し続けて焦りもあるんだろう」

 帝京は全国制覇3回の名門だが、11年を最後に5年連続で予選敗退している。11年に3回目の全国優勝を果たした日大三(西東京)は12年から2年連続で初戦負け。それ以降は3年連続、甲子園に出ていない。やはり3回全国制覇の智弁和歌山(和歌山)は12年以降3大会連続初戦敗退。かつての野球名門校の凋落ぶりは枚挙にいとまがない。マスコミ関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る