• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

甲子園でも目立つ初戦負け…野球名門校“凋落”の理由

「アノ人も大変なんだろうなぁ」

 夏の甲子園に出場したある高校の監督がポツリとつぶやいた。「アノ人」とは帝京(東東京)の前田監督のことだ。

「7日の開会式の日に部員を引き連れてスタンドに来ていて驚いたよ。大阪桐蔭との練習試合で関西遠征をしていたようだけど、テレビ解説で来ることはあっても、部員と一緒にスタンドに来るなんて今までなかったんじゃないかな。甲子園を逃し続けて焦りもあるんだろう」

 帝京は全国制覇3回の名門だが、11年を最後に5年連続で予選敗退している。11年に3回目の全国優勝を果たした日大三(西東京)は12年から2年連続で初戦負け。それ以降は3年連続、甲子園に出ていない。やはり3回全国制覇の智弁和歌山(和歌山)は12年以降3大会連続初戦敗退。かつての野球名門校の凋落ぶりは枚挙にいとまがない。マスコミ関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る