作新学院・今井はもう400球 夏の甲子園スカウトの“悲鳴”

公開日: 更新日:

「これだけ投げると、逆に肩やヒジが心配になりますよ……」

 ネット裏のスカウトがこう言った。

 ドラフト1位候補・作新学院(栃木)の今井が18日、木更津総合戦に登板して6安打1失点で完投勝ち。132球を投げた前日から連投で、この日は125球。九回には152キロの速球まで投げてスタミナがあることを証明したものの、プロは初戦から計388球を投じた反動を危惧しているのだ。

「技巧派ならともかく、今井は典型的な速球派。それも春先に足を痛めた影響で、5月くらいまで満足いく投球ができなかった病み上がりです。なのに甲子園では1週間のうちに連投を含む3試合に完投。春先のケガの影響で走り込みも不足しているだけに、肩やヒジに負担がかからないか心配なのです。作新は2番手右腕の入江もプロ注目。なぜ今井ひとりに頼るのか分からない」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る