作新学院・今井はもう400球 夏の甲子園スカウトの“悲鳴”

公開日: 更新日:

「これだけ投げると、逆に肩やヒジが心配になりますよ……」

 ネット裏のスカウトがこう言った。

 ドラフト1位候補・作新学院(栃木)の今井が18日、木更津総合戦に登板して6安打1失点で完投勝ち。132球を投げた前日から連投で、この日は125球。九回には152キロの速球まで投げてスタミナがあることを証明したものの、プロは初戦から計388球を投じた反動を危惧しているのだ。

「技巧派ならともかく、今井は典型的な速球派。それも春先に足を痛めた影響で、5月くらいまで満足いく投球ができなかった病み上がりです。なのに甲子園では1週間のうちに連投を含む3試合に完投。春先のケガの影響で走り込みも不足しているだけに、肩やヒジに負担がかからないか心配なのです。作新は2番手右腕の入江もプロ注目。なぜ今井ひとりに頼るのか分からない」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る