作新学院・今井はもう400球 夏の甲子園スカウトの“悲鳴”

公開日:  更新日:

「これだけ投げると、逆に肩やヒジが心配になりますよ……」

 ネット裏のスカウトがこう言った。

 ドラフト1位候補・作新学院(栃木)の今井が18日、木更津総合戦に登板して6安打1失点で完投勝ち。132球を投げた前日から連投で、この日は125球。九回には152キロの速球まで投げてスタミナがあることを証明したものの、プロは初戦から計388球を投じた反動を危惧しているのだ。

「技巧派ならともかく、今井は典型的な速球派。それも春先に足を痛めた影響で、5月くらいまで満足いく投球ができなかった病み上がりです。なのに甲子園では1週間のうちに連投を含む3試合に完投。春先のケガの影響で走り込みも不足しているだけに、肩やヒジに負担がかからないか心配なのです。作新は2番手右腕の入江もプロ注目。なぜ今井ひとりに頼るのか分からない」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る