• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作新学院・今井はもう400球 夏の甲子園スカウトの“悲鳴”

「これだけ投げると、逆に肩やヒジが心配になりますよ……」

 ネット裏のスカウトがこう言った。

 ドラフト1位候補・作新学院(栃木)の今井が18日、木更津総合戦に登板して6安打1失点で完投勝ち。132球を投げた前日から連投で、この日は125球。九回には152キロの速球まで投げてスタミナがあることを証明したものの、プロは初戦から計388球を投じた反動を危惧しているのだ。

「技巧派ならともかく、今井は典型的な速球派。それも春先に足を痛めた影響で、5月くらいまで満足いく投球ができなかった病み上がりです。なのに甲子園では1週間のうちに連投を含む3試合に完投。春先のケガの影響で走り込みも不足しているだけに、肩やヒジに負担がかからないか心配なのです。作新は2番手右腕の入江もプロ注目。なぜ今井ひとりに頼るのか分からない」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る