• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人田口が9勝目 “虎キラー”ぶり発揮でポレダは首筋寒く

 巨人の田口麗斗(20)がまた勝った。

 19日の阪神戦に先発し、5回106球を投げ3失点。五回に同点2ランを浴びたものの、その裏に阿部が勝ち越し2ランを放り込み、勝ち投手の権利が転がり込んだ。田口は「ムダな球が多く、球数が増えてしまった」と反省したものの、自身6連勝で9勝6敗。防御率はリーグ3位の2.48だ。巨人では開幕からただひとりローテを守り、7勝のエース菅野より勝ち星は多い。

 この高卒3年目左腕、虎にめっぽう強い。9勝のうち4勝が阪神からのものだ。

 昨季は助っ人左腕のポレダがこの役目、つまり阪神キラーだった。8勝中5勝を虎から稼ぎ、契約を延長。が、今季は左肩痛で4月に離脱したまま、いまだ一軍に戻ってきていない。

「昨年のポレダは8勝8敗ながら、宿敵・阪神に強いことが評価され、6300万円から1億6000万円に年俸は大幅アップした。しかも、高橋監督、尾花投手コーチには守護神構想まであって、信頼度は高かった。マジメな性格も契約延長の要因だったけど、ジャイアンツ球場でノンビリ調整しているし、肩が痛いんじゃしょうがない。同じ左腕の虎キラーがいるなら、働かない高額助っ人は用済みでしょう。そこへいくと、田口は異様な雰囲気の敵地・甲子園でも2勝を挙げている。そんな精神面の強さも高橋監督好みなんです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る