巨人田口が9勝目 “虎キラー”ぶり発揮でポレダは首筋寒く

公開日:  更新日:

 巨人の田口麗斗(20)がまた勝った。

 19日の阪神戦に先発し、5回106球を投げ3失点。五回に同点2ランを浴びたものの、その裏に阿部が勝ち越し2ランを放り込み、勝ち投手の権利が転がり込んだ。田口は「ムダな球が多く、球数が増えてしまった」と反省したものの、自身6連勝で9勝6敗。防御率はリーグ3位の2.48だ。巨人では開幕からただひとりローテを守り、7勝のエース菅野より勝ち星は多い。

 この高卒3年目左腕、虎にめっぽう強い。9勝のうち4勝が阪神からのものだ。

 昨季は助っ人左腕のポレダがこの役目、つまり阪神キラーだった。8勝中5勝を虎から稼ぎ、契約を延長。が、今季は左肩痛で4月に離脱したまま、いまだ一軍に戻ってきていない。

「昨年のポレダは8勝8敗ながら、宿敵・阪神に強いことが評価され、6300万円から1億6000万円に年俸は大幅アップした。しかも、高橋監督、尾花投手コーチには守護神構想まであって、信頼度は高かった。マジメな性格も契約延長の要因だったけど、ジャイアンツ球場でノンビリ調整しているし、肩が痛いんじゃしょうがない。同じ左腕の虎キラーがいるなら、働かない高額助っ人は用済みでしょう。そこへいくと、田口は異様な雰囲気の敵地・甲子園でも2勝を挙げている。そんな精神面の強さも高橋監督好みなんです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る