巨人田口が9勝目 “虎キラー”ぶり発揮でポレダは首筋寒く

公開日:  更新日:

 巨人の田口麗斗(20)がまた勝った。

 19日の阪神戦に先発し、5回106球を投げ3失点。五回に同点2ランを浴びたものの、その裏に阿部が勝ち越し2ランを放り込み、勝ち投手の権利が転がり込んだ。田口は「ムダな球が多く、球数が増えてしまった」と反省したものの、自身6連勝で9勝6敗。防御率はリーグ3位の2.48だ。巨人では開幕からただひとりローテを守り、7勝のエース菅野より勝ち星は多い。

 この高卒3年目左腕、虎にめっぽう強い。9勝のうち4勝が阪神からのものだ。

 昨季は助っ人左腕のポレダがこの役目、つまり阪神キラーだった。8勝中5勝を虎から稼ぎ、契約を延長。が、今季は左肩痛で4月に離脱したまま、いまだ一軍に戻ってきていない。

「昨年のポレダは8勝8敗ながら、宿敵・阪神に強いことが評価され、6300万円から1億6000万円に年俸は大幅アップした。しかも、高橋監督、尾花投手コーチには守護神構想まであって、信頼度は高かった。マジメな性格も契約延長の要因だったけど、ジャイアンツ球場でノンビリ調整しているし、肩が痛いんじゃしょうがない。同じ左腕の虎キラーがいるなら、働かない高額助っ人は用済みでしょう。そこへいくと、田口は異様な雰囲気の敵地・甲子園でも2勝を挙げている。そんな精神面の強さも高橋監督好みなんです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る