• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人田口が9勝目 “虎キラー”ぶり発揮でポレダは首筋寒く

 巨人の田口麗斗(20)がまた勝った。

 19日の阪神戦に先発し、5回106球を投げ3失点。五回に同点2ランを浴びたものの、その裏に阿部が勝ち越し2ランを放り込み、勝ち投手の権利が転がり込んだ。田口は「ムダな球が多く、球数が増えてしまった」と反省したものの、自身6連勝で9勝6敗。防御率はリーグ3位の2.48だ。巨人では開幕からただひとりローテを守り、7勝のエース菅野より勝ち星は多い。

 この高卒3年目左腕、虎にめっぽう強い。9勝のうち4勝が阪神からのものだ。

 昨季は助っ人左腕のポレダがこの役目、つまり阪神キラーだった。8勝中5勝を虎から稼ぎ、契約を延長。が、今季は左肩痛で4月に離脱したまま、いまだ一軍に戻ってきていない。

「昨年のポレダは8勝8敗ながら、宿敵・阪神に強いことが評価され、6300万円から1億6000万円に年俸は大幅アップした。しかも、高橋監督、尾花投手コーチには守護神構想まであって、信頼度は高かった。マジメな性格も契約延長の要因だったけど、ジャイアンツ球場でノンビリ調整しているし、肩が痛いんじゃしょうがない。同じ左腕の虎キラーがいるなら、働かない高額助っ人は用済みでしょう。そこへいくと、田口は異様な雰囲気の敵地・甲子園でも2勝を挙げている。そんな精神面の強さも高橋監督好みなんです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る