広島戦は残り7試合 巨人は今が“リメークドラマ”の臨界点

公開日:  更新日:

 メークドラマの再現はない――。18日の中日戦に勝利、この日、試合がなかった首位広島とのゲーム差を7とした巨人のことだ。

 18日は巨人にとって縁起のいい日である。7月6日につけられていた最大11.5ゲーム差を逆転した「メークドラマ」の96年、広島にゲーム差なしと追いついたのが8月18日だった。今年はその日が訪れても、最下位相手に九回に勝ち越すのがやっと。スポーツマスコミは「メークドラマ」をもじり、「リメークドラマ」と追撃ムードをあおっているが、ボチボチ追いつく頃でないと再現は難しい。

 その昔、巨人や西鉄などで監督を歴任した名将の故・三原監督は、逆転優勝の限界ゲーム差を「残り試合の10分の1」に設定していたという。巨人は残り34試合。3.5ゲーム差までが現実的ということになる。

 ごくまれに逆転劇が起きる最近は「残り試合の5分の1」という説がある。35試合ならちょうど7ゲーム差だ。といっても、巨人がこの奇跡を体現したのは、最近では阪神との13ゲーム差をひっくり返した08年のみ。この時は、お盆明けに阪神と7ゲーム差だった。状況は酷似しているものの、当時は直接対決で破竹の7連勝締め。直接叩き続けたからこその逆転劇だった。広島戦は残り7試合。7ゲーム差がリミットといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る