広島戦は残り7試合 巨人は今が“リメークドラマ”の臨界点

公開日:  更新日:

 メークドラマの再現はない――。18日の中日戦に勝利、この日、試合がなかった首位広島とのゲーム差を7とした巨人のことだ。

 18日は巨人にとって縁起のいい日である。7月6日につけられていた最大11.5ゲーム差を逆転した「メークドラマ」の96年、広島にゲーム差なしと追いついたのが8月18日だった。今年はその日が訪れても、最下位相手に九回に勝ち越すのがやっと。スポーツマスコミは「メークドラマ」をもじり、「リメークドラマ」と追撃ムードをあおっているが、ボチボチ追いつく頃でないと再現は難しい。

 その昔、巨人や西鉄などで監督を歴任した名将の故・三原監督は、逆転優勝の限界ゲーム差を「残り試合の10分の1」に設定していたという。巨人は残り34試合。3.5ゲーム差までが現実的ということになる。

 ごくまれに逆転劇が起きる最近は「残り試合の5分の1」という説がある。35試合ならちょうど7ゲーム差だ。といっても、巨人がこの奇跡を体現したのは、最近では阪神との13ゲーム差をひっくり返した08年のみ。この時は、お盆明けに阪神と7ゲーム差だった。状況は酷似しているものの、当時は直接対決で破竹の7連勝締め。直接叩き続けたからこその逆転劇だった。広島戦は残り7試合。7ゲーム差がリミットといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る