• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転優勝に望みも 巨人“リメークドラマ”は阪神に潰される

 23日からの広島3連戦で3連勝しなければ、巨人は自力優勝の可能性が消滅する。

 首位の広島とのゲーム差は8。最後のあがきを見せようと、巨人は先発ローテーションを組み替えた。昨年から14連勝中のマイコラス(28)の登板を1回飛ばして初戦にぶつけ、2戦目は中7日でエースの菅野(26)、3戦目にはチーム勝ち頭で中5日の田口(20)を投入。スポーツマスコミが言うところの「必勝ローテ」で逆転優勝に望みをつなげようというわけだが、巨人の敵はなにも広島だけではない。

「広島との直接対決を23日からの3連戦を含めて7試合残しているのが救いとはいえ、広島が残り28試合を5割でいったとしても、巨人は残り31試合を24勝7敗で乗り切らなければ、上には行けない。巨人の選手からすれば、一戦必勝で戦いながら、広島の黒星を待つという状態。ただでさえ精神的にきついうえ、もう1つも負けられないという意気込みに水を差しかねないのが阪神の存在ですよ」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る