• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転優勝に望みも 巨人“リメークドラマ”は阪神に潰される

 23日からの広島3連戦で3連勝しなければ、巨人は自力優勝の可能性が消滅する。

 首位の広島とのゲーム差は8。最後のあがきを見せようと、巨人は先発ローテーションを組み替えた。昨年から14連勝中のマイコラス(28)の登板を1回飛ばして初戦にぶつけ、2戦目は中7日でエースの菅野(26)、3戦目にはチーム勝ち頭で中5日の田口(20)を投入。スポーツマスコミが言うところの「必勝ローテ」で逆転優勝に望みをつなげようというわけだが、巨人の敵はなにも広島だけではない。

「広島との直接対決を23日からの3連戦を含めて7試合残しているのが救いとはいえ、広島が残り28試合を5割でいったとしても、巨人は残り31試合を24勝7敗で乗り切らなければ、上には行けない。巨人の選手からすれば、一戦必勝で戦いながら、広島の黒星を待つという状態。ただでさえ精神的にきついうえ、もう1つも負けられないという意気込みに水を差しかねないのが阪神の存在ですよ」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る