逆転優勝に望みも 巨人“リメークドラマ”は阪神に潰される

公開日:  更新日:

 23日からの広島3連戦で3連勝しなければ、巨人は自力優勝の可能性が消滅する。

 首位の広島とのゲーム差は8。最後のあがきを見せようと、巨人は先発ローテーションを組み替えた。昨年から14連勝中のマイコラス(28)の登板を1回飛ばして初戦にぶつけ、2戦目は中7日でエースの菅野(26)、3戦目にはチーム勝ち頭で中5日の田口(20)を投入。スポーツマスコミが言うところの「必勝ローテ」で逆転優勝に望みをつなげようというわけだが、巨人の敵はなにも広島だけではない。

「広島との直接対決を23日からの3連戦を含めて7試合残しているのが救いとはいえ、広島が残り28試合を5割でいったとしても、巨人は残り31試合を24勝7敗で乗り切らなければ、上には行けない。巨人の選手からすれば、一戦必勝で戦いながら、広島の黒星を待つという状態。ただでさえ精神的にきついうえ、もう1つも負けられないという意気込みに水を差しかねないのが阪神の存在ですよ」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る