• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島と8差…巨人“リメークドラマ”はマシソンが頼みの綱

 巨人が延長戦で痛い星を落とした。21日の阪神戦。十回からマウンドに上がった3番手・山口が、2死一、二塁から北條に勝ち越し適時二塁打を浴びた。続く鳥谷にも打たれ3失点で降板。プロ11年目で自己ワーストとなる6敗目を喫した。

 高橋監督は試合後、「山口は最近いい投球だった? そうですね。いい状態だと思うし、打たれる時もあるでしょう」と話したものの、「次は広島との直接対決? 今日の試合の整理がしきれていないので」と質問を遮った。

 これで今季の阪神戦は12勝6敗1分け。首位広島とのゲーム差は8に広がった。カモ相手に取りこぼすのは、それだけダメージが大きいのだ。

「山口は最近5試合連続無失点だったが、防御率は5・59。すでに勝利の方程式から外れているし、これからますますいい場面で使いにくくなった。抑えの沢村も絶対的な存在ではない。そうなるとマシソンの出番。この日は九回に2番手でピシャリ。160キロの球速はチームナンバーワンで、回またぎや連投も文句ひとつ言わずに投げる献身的な姿勢も評価が高い。緊迫した場面では、連日マシソンが投入されることになるでしょう」(チーム関係者)

 マスコミが騒ぐ「リメークドラマ」は限りなくジ・エンド。頼みの綱はマシソンだけというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る