• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島と8差…巨人“リメークドラマ”はマシソンが頼みの綱

 巨人が延長戦で痛い星を落とした。21日の阪神戦。十回からマウンドに上がった3番手・山口が、2死一、二塁から北條に勝ち越し適時二塁打を浴びた。続く鳥谷にも打たれ3失点で降板。プロ11年目で自己ワーストとなる6敗目を喫した。

 高橋監督は試合後、「山口は最近いい投球だった? そうですね。いい状態だと思うし、打たれる時もあるでしょう」と話したものの、「次は広島との直接対決? 今日の試合の整理がしきれていないので」と質問を遮った。

 これで今季の阪神戦は12勝6敗1分け。首位広島とのゲーム差は8に広がった。カモ相手に取りこぼすのは、それだけダメージが大きいのだ。

「山口は最近5試合連続無失点だったが、防御率は5・59。すでに勝利の方程式から外れているし、これからますますいい場面で使いにくくなった。抑えの沢村も絶対的な存在ではない。そうなるとマシソンの出番。この日は九回に2番手でピシャリ。160キロの球速はチームナンバーワンで、回またぎや連投も文句ひとつ言わずに投げる献身的な姿勢も評価が高い。緊迫した場面では、連日マシソンが投入されることになるでしょう」(チーム関係者)

 マスコミが騒ぐ「リメークドラマ」は限りなくジ・エンド。頼みの綱はマシソンだけというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る