ロッテ・デスパイネ 打点王&日本残留でも「年俸微増」か

公開日:  更新日:

「キューバの至宝」の動向に注目が集まっている。

 開幕からロッテの4番として大きく貢献している来日3年目のデスパイネ(30)。22日現在、打率.284、20本塁打と活躍し、83打点はメヒア(西武)、中田(日本ハム)と並んでリーグトップタイ。熾烈な打点王争いを繰り広げている。

 気になるのが来季の年俸だ。14年オフに結んだ2年5億円の契約は今季で満了。年俸2億5000万円と高額だが、日本球界残留となれば大幅アップは間違いない。

 日本球界に順応し、成績は言わずもがな。もっぱらDH専門とはいえ、大砲不在の球団にとっては垂涎の的だろう。複数球団による争奪戦は避けられず、そのうえ打点王のタイトルを手にすれば年俸の高騰は必至だ。

 しかし、ある球界OBは「年俸がどれだけ上がっても、デスパイネ自身の取り分は微増でしょう」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る