ロッテ・デスパイネ 打点王&日本残留でも「年俸微増」か

公開日:  更新日:

「キューバの至宝」の動向に注目が集まっている。

 開幕からロッテの4番として大きく貢献している来日3年目のデスパイネ(30)。22日現在、打率.284、20本塁打と活躍し、83打点はメヒア(西武)、中田(日本ハム)と並んでリーグトップタイ。熾烈な打点王争いを繰り広げている。

 気になるのが来季の年俸だ。14年オフに結んだ2年5億円の契約は今季で満了。年俸2億5000万円と高額だが、日本球界残留となれば大幅アップは間違いない。

 日本球界に順応し、成績は言わずもがな。もっぱらDH専門とはいえ、大砲不在の球団にとっては垂涎の的だろう。複数球団による争奪戦は避けられず、そのうえ打点王のタイトルを手にすれば年俸の高騰は必至だ。

 しかし、ある球界OBは「年俸がどれだけ上がっても、デスパイネ自身の取り分は微増でしょう」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る