何があった? イ・ボミが突然“チャリティー熱心”の思惑

公開日:  更新日:

 先週、今季4勝目を挙げたイ・ボミ(28)。圧倒的な強さで、すでに1億2172万1332円を手にしている。

 2週間前には韓国へ帰国して、ジュニア育成のイベントに参加していた。最近は地元江原道の子供たちに賞金の一部を寄付したり、副賞をプレゼントしたり、社会貢献活動に熱心だが、いったい何があったのか?

「これまでイ・ボミのそういった活動は聞いたことがない」と、韓国のゴルフ事情に詳しい太刀川正樹氏がこう続ける。

「ジュニア時代、国家代表の下に位置する常備軍だったイ・ボミは同じ88年生まれの国家代表だった朴仁妃、申ジエに強い劣等感を抱いていた。日本で賞金女王になったとはいえ、朴も申も米ツアーで賞金女王と世界ランク1位になっている。2人に比べれば当然、韓国内の評価は低い。今でも格下という意識はあるはずです。ただ実績では劣るものの、日本での活躍で韓国メディアでも大きく取り上げられるようになった。朴も申もチャリティー活動に積極的だから負けていられないとなったのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る