日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史上最速で賞金1億円突破 イ・ボミは“大金”をどう使う?

 今季ツアー3勝目を挙げ、史上最速で獲得賞金1億円を突破したイ・ボミ(27)。今週は試合を欠場し、次週からの8連戦に備え、韓国に一時帰国している。

 賞金1億1092万1332円はランク2位の申ジエ(28)に約3243万円差をつけて、断トツ。副業も合わせれば6億円近くに上るといわれる。

 となれば、気になるのが大金の使い道。韓国人プロの間で財テクブームが起きているからだ。

 韓国のゴルフ事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏がこう言う。

「米ツアー参戦中のチェ・ナヨンはビルを購入し、朴仁妃はペットボトルやラベルの印刷会社などの事業展開を行い、アン・ソンジュは不動産投資をしています。皆、海外で稼いだ賞金で事業を始めています」

 イ・ボミも13年に地元水原市に8階建てのビルを購入している。ただし、きっかけは04年に亡くなった父親の助言だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事