イ・ボミが今季4勝目 国内専念の“内弁慶”いつまで続く?

公開日:  更新日:

【CAT Ladies】(最終日)

 イ・ボミ(28)がまたしても勝負強さを発揮した。大江香織(26)、全美貞(33)とのプレーオフを制し、2週前の「meijiカップ」に続く出場2戦連続優勝で、今季4勝目を挙げた。

 これでプレーオフは4連勝。自身が持つ国内女子のプレーオフ連勝記録に並び、通算では8勝1敗となった。

 15試合目で4勝は、昨年の22試合目を上回るハイペース。今季は開幕からの9試合連続トップ10入り記録をつくるなど、2年連続獲得賞金2億円超えも夢ではない。技術は間違いなく一流とはいえ、しかし、アスリートとしてのスピリットはどうか。

 イ・ボミは今年、リオ五輪韓国代表入りを目指し、世界ランクのポイントが高い米ツアーに参戦した。しかし五輪出場の夢が絶たれると、米ツアーには目もくれない。日本ツアーに専念すると公言している。

 ひとつでも上のステージで勝負したいというのはアスリートの本能。一流選手であれば勝てると分かっている勝負は面白みもないし、フェアじゃないと考える。稼げるし、スポンサーを含めた周囲はチヤホヤしてくれるし、居心地がいいといつまでも“内弁慶”では、いつか成長が止まってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る