• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イ・ボミが今季4勝目 国内専念の“内弁慶”いつまで続く?

【CAT Ladies】(最終日)

 イ・ボミ(28)がまたしても勝負強さを発揮した。大江香織(26)、全美貞(33)とのプレーオフを制し、2週前の「meijiカップ」に続く出場2戦連続優勝で、今季4勝目を挙げた。

 これでプレーオフは4連勝。自身が持つ国内女子のプレーオフ連勝記録に並び、通算では8勝1敗となった。

 15試合目で4勝は、昨年の22試合目を上回るハイペース。今季は開幕からの9試合連続トップ10入り記録をつくるなど、2年連続獲得賞金2億円超えも夢ではない。技術は間違いなく一流とはいえ、しかし、アスリートとしてのスピリットはどうか。

 イ・ボミは今年、リオ五輪韓国代表入りを目指し、世界ランクのポイントが高い米ツアーに参戦した。しかし五輪出場の夢が絶たれると、米ツアーには目もくれない。日本ツアーに専念すると公言している。

 ひとつでも上のステージで勝負したいというのはアスリートの本能。一流選手であれば勝てると分かっている勝負は面白みもないし、フェアじゃないと考える。稼げるし、スポンサーを含めた周囲はチヤホヤしてくれるし、居心地がいいといつまでも“内弁慶”では、いつか成長が止まってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る