• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イ・ボミが今季4勝目 国内専念の“内弁慶”いつまで続く?

【CAT Ladies】(最終日)

 イ・ボミ(28)がまたしても勝負強さを発揮した。大江香織(26)、全美貞(33)とのプレーオフを制し、2週前の「meijiカップ」に続く出場2戦連続優勝で、今季4勝目を挙げた。

 これでプレーオフは4連勝。自身が持つ国内女子のプレーオフ連勝記録に並び、通算では8勝1敗となった。

 15試合目で4勝は、昨年の22試合目を上回るハイペース。今季は開幕からの9試合連続トップ10入り記録をつくるなど、2年連続獲得賞金2億円超えも夢ではない。技術は間違いなく一流とはいえ、しかし、アスリートとしてのスピリットはどうか。

 イ・ボミは今年、リオ五輪韓国代表入りを目指し、世界ランクのポイントが高い米ツアーに参戦した。しかし五輪出場の夢が絶たれると、米ツアーには目もくれない。日本ツアーに専念すると公言している。

 ひとつでも上のステージで勝負したいというのはアスリートの本能。一流選手であれば勝てると分かっている勝負は面白みもないし、フェアじゃないと考える。稼げるし、スポンサーを含めた周囲はチヤホヤしてくれるし、居心地がいいといつまでも“内弁慶”では、いつか成長が止まってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る