マー君と投げ合い9敗目 岩隈「最多勝&PS進出」への課題

公開日:  更新日:

 最多勝争いに名を連ねるマリナーズ・岩隈久志(35)が、元同僚対決に屈した。

 24日(日本時間25日)のヤンキース戦は、楽天時代の後輩である田中との投げ合い。6回を1本塁打含む6安打3失点。まずまずの投球も、味方打線が田中に封じ込まれて9敗目(14勝)を喫した。4月17日以来となる2度目の直接対決も結果を残せなかった。

 この日の岩隈は制球に苦しみ、一回、3番サンチェスに甘く入った直球を左中間スタンドに叩き込まれるなど精彩を欠いた。8月に入って3連勝と好調だった岩隈もこれで2連敗である。

 ベテラン右腕はリーグトップのブルージェイズ・ハップ、レッドソックス・ポーセロ(ともに17勝)の2人とは3勝差で最多勝を狙える位置に付けている。チームはア・リーグ西地区首位のレンジャーズと5・5ゲーム差の2位。地区優勝、ポストシーズン進出がかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る