任天堂撤退に加え不調…マ軍「岩隈&青木」に居場所なし

公開日: 更新日:

 日本のファンにもなじみ深いマリナーズが好調だ。

 ここまで34試合で21勝13敗、勝率6割1分8厘。2位レンジャーズに、1・5ゲーム差をつけてア・リーグ西地区首位にいる(11日終了時)。エース右腕ヘルナンデス(3勝2敗)、守護神シーシェック(11セーブ)らの投手陣は安定しており、チーム防御率3.11はリーグトップだ。スコット・サービス新監督のもと、開幕ダッシュに成功したが、日本人選手2人の調子が上向かない。

 昨年12月に再契約した岩隈久志(35)は開幕から不振が続き、7試合で1勝4敗、防御率4.19。5人の先発陣で唯一、黒星が先行。抜群の制球力から「コントロール・アーティスト」の異名を取った右腕も、今季は安定感に欠け、16四死球はチームワースト2位。

 一方、ジャイアンツから移籍の青木宣親(34)はリードオフマンながら、33試合で122打数29安打の打率2割3分8厘、6打点、17得点。出塁率は3割2分9厘と1番打者としては物足りない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る