広島に弱くベイにボコボコ…G内海は“CS先発剥奪”決まり

公開日:  更新日:

「つるべ打ち」とはこのことだ。巨人先発の内海哲也(34)が26日のDeNA戦で一回に6失点。無残なKO負けを食らった。初回だけで打者11人、6連打を含む単打8本を集中され、50球を投げさせられた。

 登板間隔は中8日。前日の首位広島との直接対決は、中5日で田口が起用された。本来なら内海の順番を20歳左腕が追い抜いていった格好だ。内海は今季の広島戦0勝2敗、防御率11.05。確かに投げさせるのが怖いほど極端に悪い成績とはいえ、全体の成績は悪くない。この試合の前まで先発陣ではチーム2位の7勝(4敗)。エースの菅野も7勝(6敗)だ。開幕は二軍ながら、帳尻を合わせてきていた。

 が、現在3位のDeNAにもボコボコにされた事実は重い。高橋監督は「ちょっと打たれすぎ。点を取られすぎ。先発が初回に崩れると苦しい?何もできなくなってしまうことが多くなる」と仏頂面。これでポストシーズンの登板が危うくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る