「清原初公判」の夜に復帰KO…巨人内海“暗黒時代”の記憶

公開日: 更新日:

 巨人の内海哲也(34)が17日、山形でのDeNA戦に今季初登板初先発。六回途中まで113球を投げ、9安打3失点でKOされた。

 その内海がかつて言っていたことがある。

「入団した頃、先輩はみんな怖かった。でも一番怖かったのは清原さん。四球とか出したらカツを入れられそうで……。最初の何年かは敵にも味方にもビビりながら投げていました」

 この日、初公判を終えた清原被告は05年限りで巨人を退団したため、内海との接点は2年間。しかし、先発ローテーションに定着したプロ2年目の05年は、清原被告も開幕4番として君臨していた。

 この頃の投手陣は、工藤や桑田や上原といったアクが強い個性派が揃っていた。チームはいつもピリピリし、内海はこれを「暗黒時代」と呼ぶ。その後、投手陣のリーダーとして、先輩、後輩の垣根を取っ払い、フレンドリーなチームに変貌させたのだが、そのきっかけをつくったのが清原でもあったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  7. 7

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  8. 8

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

  9. 9

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  10. 10

    錦織圭4大大会5連続8強 好調の裏に“恋人との一軒家ステイ”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る