• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島に大逆転負け 士気上がらぬ巨人“2位独走”の落とし穴

 巨人が広島に大逆転負けを食らった。

 25日、4-0から終盤の4回で6失点。九回には抑えの沢村が3点を失った。これでゲーム差は9に広がり、広島の優勝マジックは2つ減って「18」となった。

 巨人は前日にエースの菅野で敗れ、広島にマジック20が点灯した。巨人の高橋監督は「1勝2敗の厳しい結果? 結果は受け止めなければならないが、どこに勝ってもどこに負けても同じ。明日からの試合に向けて気持ちを切り替えて、いい試合をしたい」と前を向いた。が、直接対決の勝敗が他の試合と同じでないことは、指揮官が一番分かっていた。

 首位攻防戦の前、広島ナインは「ひとつ勝てればいい」と自然体で東京ドームに乗り込んできた。ジョンソン、福井、九里の先発ローテーションもあえてイジらなかった。一方、8ゲーム差を追う2位巨人は「最低でも3連勝」とわざわざローテを変更。マイコラス、菅野、田口の三本柱を並べたが、1勝2敗と負け越した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る