• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島に大逆転負け 士気上がらぬ巨人“2位独走”の落とし穴

 巨人が広島に大逆転負けを食らった。

 25日、4-0から終盤の4回で6失点。九回には抑えの沢村が3点を失った。これでゲーム差は9に広がり、広島の優勝マジックは2つ減って「18」となった。

 巨人は前日にエースの菅野で敗れ、広島にマジック20が点灯した。巨人の高橋監督は「1勝2敗の厳しい結果? 結果は受け止めなければならないが、どこに勝ってもどこに負けても同じ。明日からの試合に向けて気持ちを切り替えて、いい試合をしたい」と前を向いた。が、直接対決の勝敗が他の試合と同じでないことは、指揮官が一番分かっていた。

 首位攻防戦の前、広島ナインは「ひとつ勝てればいい」と自然体で東京ドームに乗り込んできた。ジョンソン、福井、九里の先発ローテーションもあえてイジらなかった。一方、8ゲーム差を追う2位巨人は「最低でも3連勝」とわざわざローテを変更。マイコラス、菅野、田口の三本柱を並べたが、1勝2敗と負け越した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る