1カ月登板なし ハム大谷“打者専念”は勝利優先の栗山指令

公開日:  更新日:

 自己最多の20本塁打を放った日本ハムの大谷翔平(22)。打者として連日、打ちまくっている一方、投手としては7月24日を最後にマウンドに上がっていない。もっか8勝(4敗)。2ケタ勝利を目前にして、160キロの快速球は見られないままだ。

 28日の試合前は、吉井投手コーチに報道陣の質問が集中。投手復帰はいつ頃になりそうかという問いに、同コーチはこう答えた。

「ピッチングは出来る状態だけど、ここ何日かブルペン入りも休んでいたからね。来週に中継ぎの可能性? それはないんじゃないかな。残り試合も少ないし、優勝を意識しなきゃいけないし。打線との兼ね合いもあるし、その辺は監督に聞いてよ」

 その栗山監督にしても、投手復帰の時期は明言していない。中指のマメを潰したことによってフォームまで崩したといわれるが、マメの影響がいまもあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る