• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベンチで一喜一憂…2位転落のSB工藤監督に問われる真価

 ついに頂点の座から転げ落ちた。

 ソフトバンクは25日、本拠地福岡で、楽天にまさかの逆転負け。2位日本ハムが勝ったことにより、4月19日から守ってきた首位を明け渡す羽目になった。

 こうなると、いよいよ真価が問われるのが工藤監督(53)の手腕だろう。就任1年目の昨季は2位日ハムに12ゲームと圧倒的な差を見せつけ、リーグ制覇。その勢いのまま、日本シリーズでもヤクルトを蹴散らした。当時の工藤監督は「泰然自若としている」と絶賛され、立ち居振る舞いにも余裕が感じられたものだ。

 それが今やどうだ。昨季トリプルスリーの柳田がライバル球団の四球攻めで調子を崩すと、4番の内川も不調。負けが込み始めると、工藤監督も次第に落ち着きを失った。松田を1番に置くなど打線をアレコレといじくり、試合中もベンチで一喜一憂。あるコーチは親しい関係者に、「工藤監督が動くとロクなことがない。指揮官が動揺すれば、すぐに選手に伝わるのに」と愚痴をこぼしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る