ベンチで一喜一憂…2位転落のSB工藤監督に問われる真価

公開日:  更新日:

 ついに頂点の座から転げ落ちた。

 ソフトバンクは25日、本拠地福岡で、楽天にまさかの逆転負け。2位日本ハムが勝ったことにより、4月19日から守ってきた首位を明け渡す羽目になった。

 こうなると、いよいよ真価が問われるのが工藤監督(53)の手腕だろう。就任1年目の昨季は2位日ハムに12ゲームと圧倒的な差を見せつけ、リーグ制覇。その勢いのまま、日本シリーズでもヤクルトを蹴散らした。当時の工藤監督は「泰然自若としている」と絶賛され、立ち居振る舞いにも余裕が感じられたものだ。

 それが今やどうだ。昨季トリプルスリーの柳田がライバル球団の四球攻めで調子を崩すと、4番の内川も不調。負けが込み始めると、工藤監督も次第に落ち着きを失った。松田を1番に置くなど打線をアレコレといじくり、試合中もベンチで一喜一憂。あるコーチは親しい関係者に、「工藤監督が動くとロクなことがない。指揮官が動揺すれば、すぐに選手に伝わるのに」と愚痴をこぼしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る