• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U18優勝の立役者 堀瑞輝はそれでもプロ評価今一つのなぜ

「最後まで自分の投球をして抑えられて良かったです」

 4日のU―18アジア選手権決勝。六回から2番手で登板し、無安打投球で「アジア一」に貢献した堀瑞輝(広島新庄)が笑顔を見せた。

 今大会では9回3分の2を投げて18奪三振。最速148キロの速球と切れ味鋭いスライダーが最大の武器だ。今井(作新学院)、寺島(履正社)ら「BIG4」に負けず劣らずの好投手であることは間違いないが、プロのスカウトによると「2位か3位では消えるかもしれませんが」と、こう続けた。

「度胸もあるし、短いイニングならプロでも十分にやれる力はあります。ただ、将来性を含めて評価をする高校生としては、寺島のような先発完投ができる投手の評価が高くなる。175センチと上背があまりない部分、馬力も疑問はあります」

 テレビ解説の前横浜高監督・渡辺元智氏も「長いイニングはまだ厳しそう」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る