U18優勝の立役者 堀瑞輝はそれでもプロ評価今一つのなぜ

公開日:  更新日:

「最後まで自分の投球をして抑えられて良かったです」

 4日のU―18アジア選手権決勝。六回から2番手で登板し、無安打投球で「アジア一」に貢献した堀瑞輝(広島新庄)が笑顔を見せた。

 今大会では9回3分の2を投げて18奪三振。最速148キロの速球と切れ味鋭いスライダーが最大の武器だ。今井(作新学院)、寺島(履正社)ら「BIG4」に負けず劣らずの好投手であることは間違いないが、プロのスカウトによると「2位か3位では消えるかもしれませんが」と、こう続けた。

「度胸もあるし、短いイニングならプロでも十分にやれる力はあります。ただ、将来性を含めて評価をする高校生としては、寺島のような先発完投ができる投手の評価が高くなる。175センチと上背があまりない部分、馬力も疑問はあります」

 テレビ解説の前横浜高監督・渡辺元智氏も「長いイニングはまだ厳しそう」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る