関係者が歯ぎしり…早実・清宮がU18日本代表に漏れた真相

公開日:  更新日:

「清宮がいればなぁ」

 ある放送関係者がため息をついた。台湾で行われるU-18アジア選手権(8月30日~9月4日)に出場する高校日本代表が25日、練習試合で1、2年生主体の早大を5-4で下した。

 つい先日まで、甲子園を沸かせていた球児たちが躍動した。初回、4番の九鬼隆平捕手(熊本・秀岳館)が木製バットで3ランを放てば、投げては先発の左腕・寺島成輝投手(大阪・履正社)が3回を3安打2失点に。今年のドラフトで上位指名が確実な高校生たちの活躍で大学生相手に幸先の良いスタートを切ったものの、前出の関係者はU-18のメンバーに2年生の清宮幸太郎内野手(西東京・早実)がいれば、いま以上に盛り上がったと言うのだ。アマチュア野球担当者がこう言った。

「27日に行われる大学日本代表との壮行試合はフジ、30日からの本大会はTBSが中継する予定ですけど、ともに清宮の代表メンバー入りを期待していた。清宮が代表に名を連ねれば、視聴率はもちろん、スポンサーの食い付きだって変わってきますからね。わざわざ早実関係者を使って、清宮を代表メンバーにねじ込もうとしたところもあったくらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る