• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実の新旧スター 清宮幸太郎が斎藤佑樹になる可能性は?

 試合をするたびに本塁打をかっ飛ばしているのが早実の清宮幸太郎(2年)だ。

 18日、西東京大会5回戦の国士舘戦。1―0の三回1死二塁の2打席目だった。一塁が空いている状況で、外角へ明らかなボール球が2球続いた。が、内に入った3球目を逃さなかった。右翼席へ弾丸ライナーでブチ込んだ。

 高校通算53号を含む1安打2打点2四死球で8強入りに貢献。ここまで4試合で3本塁打を放つなど計10打数6安打、7打点、7四死球の大当たりだ。

「狙ってたわけじゃないけど、甘いところにきたので一発で仕留めることができてよかった。打った瞬間入ると思った。敬遠の意識? まったくなかった。いつでも捉える準備はしていた」

 七回1死一、二塁の4打席目は、塁がふさがっていたのに敬遠気味に歩かされた。「対戦したかったけど、そこは相手の策略というか、しょうがない。後ろが(1年生4番)野村なので、あまり気にしていない。一、二塁で敬遠? 高校野球ではありません」と試合後の清宮は頭をかいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る