• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作新学院・今井達也の“新球”に日米10球団スカウト仰天

「夏の甲子園では150キロを超すストレートが右打者の外角低めにビシビシ決まった。速球の球威や球質に加えて、とにかく制球が良いことにビックリしたけど、それだけじゃなく、あんな球まで持っていたとは……」

 U─18アジア選手権の日本代表を追い掛けるプロ球団のスカウトが台湾のネット裏でこう言って舌を巻いた。

 8月31日の台湾戦に先発、4回3分の1を6安打無失点に抑えた今井達也(作新学院)に関してだ。

 今井は今夏の甲子園の優勝投手。計616球を投げてチームを全国制覇に導きながら、甲子園ではほとんど投げなかった変化球を温めていた。その球を台湾で披露したから、ネット裏に陣取る日米合わせて10球団以上のスカウトが仰天したのだ。

「タテの大きなカーブですよ。いったんフワッと浮き上がってから、ストンと落ちる。打者のタイミングを外すいい変化球なのに、甲子園ではほとんど投げなかった。ストレートとスライダー、あとはチェンジアップかパームボールか沈む変化球だけで十分、打者を打ち取れた。投げなくても勝てたのでしょう。けれども、台湾ではマウンドが合わずに、ストレートが走らない。それで投球の幅を広げようと、タテに割れるカーブを解禁したのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る