作新学院・今井達也の“新球”に日米10球団スカウト仰天

公開日:  更新日:

「夏の甲子園では150キロを超すストレートが右打者の外角低めにビシビシ決まった。速球の球威や球質に加えて、とにかく制球が良いことにビックリしたけど、それだけじゃなく、あんな球まで持っていたとは……」

 U─18アジア選手権の日本代表を追い掛けるプロ球団のスカウトが台湾のネット裏でこう言って舌を巻いた。

 8月31日の台湾戦に先発、4回3分の1を6安打無失点に抑えた今井達也(作新学院)に関してだ。

 今井は今夏の甲子園の優勝投手。計616球を投げてチームを全国制覇に導きながら、甲子園ではほとんど投げなかった変化球を温めていた。その球を台湾で披露したから、ネット裏に陣取る日米合わせて10球団以上のスカウトが仰天したのだ。

「タテの大きなカーブですよ。いったんフワッと浮き上がってから、ストンと落ちる。打者のタイミングを外すいい変化球なのに、甲子園ではほとんど投げなかった。ストレートとスライダー、あとはチェンジアップかパームボールか沈む変化球だけで十分、打者を打ち取れた。投げなくても勝てたのでしょう。けれども、台湾ではマウンドが合わずに、ストレートが走らない。それで投球の幅を広げようと、タテに割れるカーブを解禁したのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る