• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

履正社・寺島成輝の父が明かす “ドラ1候補左腕”の育て方

 格下相手とはいえ、圧巻の投球だった。

 30日に台湾で開幕したU18アジア選手権。その初戦となった香港戦で、今秋ドラフト1位候補の日本代表の先発・寺島成輝(履正社)が、5回を無安打12奪三振の好投を見せたのだ。

「攻めた結果が良かった。今日は90点くらい。良かったと思う」

 日本ハムなど多くの球団が視察したこの左腕は、夏の甲子園ではベスト16止まりながら、最速149キロのストレートとテンポ良い投球を武器に「高校ビッグ3」の1人に数えられる逸材だ。

■自分の服は自分で洗濯するのが日課

 プロの複数球団が1位候補に挙げるその寺島の父親に話を聞いた。

 寺島が通う履正社高には寮がない。自宅からグラウンドまで、自転車で25分ほどの距離を通う。「結果的に『通い』で良かったですね。学校での様子も聞けますし、寮生活だとむしろ気が緩む可能性もありましたから」こう語るのは、寺島の父・明宏さん(49)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る