• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮だけじゃない 逸材ゴロゴロの早実に厳格「学力基準」

 早実の清宮幸太郎(2年)がまた打った。14日、西東京大会3回戦の秋留台戦に「3番・一塁」で出場。初回の第2打席で2試合連発となる高校通算52号を放った。3安打3打点。単打が出ればサイクル安打の活躍で24-0の五回コールド勝ちに貢献し、「相手も全力で戦っている。手を抜くのは恥。持てる力を出した」と汗を拭った。

「4番・三塁」で出場した野村大樹(1年)は、清宮以上の逸材ともいわれる。三回にこちらも連発で高校通算6号。2戦連続の「KNアベック弾」である。

 兵庫出身。同志社中(京都)時代は大阪・福島リトルシニアに所属し、U―15日本代表にも選ばれた。

 投げては昨夏の甲子園で4強入りに貢献した服部雅生(2年)が先発。3回を無安打無失点に抑えた。和泉監督は「安心? どうだろうね。まあ投げられた。うちで経験がある投手は彼しかいない。服部の復活なくして甲子園は見えてきませんから」と言ったが、今大会は肩痛の影響で背番号10。この右腕を押しのけて初戦に先発したのは、沖縄・那覇出身の赤嶺大哉(1年)。他にも野村同様、全国の舞台を経験した1年生左腕がベンチ入りするなど、日本中から集まった逸材がゴロゴロいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る