• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

控え捕手でも存在感 ソフトバンク高谷“復帰”のプラス効果

「一番、大きかった。さすが4番の仕事」

 ソフトバンクが連敗を3で止め、首位日本ハムとのゲーム差を0.5に縮めた11日の西武戦。工藤監督は5-3の六回に飛び出した内川の3ランを勝因に挙げたが、チーム関係者が「あいつが戻ってきたのも大きいですよ」と言うのが高谷裕亮(34)の復帰である。

 6月12日以来となるスタメンマスクをかぶり、約1カ月ぶりの登板となった先発摂津を粘り強くリード。二回に先制の適時打も放ち、「なんとか勝たせてやりたかった」と、苦しむエースの今季2勝目を手繰り寄せた。

 高谷は左ヒザの故障で6月19日に登録抹消。その後、半月板の損傷が判明し、シーズン中の手術に踏み切ってリハビリを行っていた。昨年はチーム捕手最多の93試合に出場したものの、チームでの立ち位置はあくまで2番手以降の控え捕手。プロ9年での通算打率も.181と打撃面でも貴重な戦力とは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る