新球場、カープ女子、新幹線 広島人気は“営業努力”の賜物

公開日:  更新日:

 広島といえば、かつては不人気球団。本拠地の市民球場は空席の方が目立ち、一部の熱狂的なファンに支えられていると言っても過言ではなかった。

 転機となったのが09年、新設されたマツダスタジアムへの移行だ。この新球場を造るにあたって、広島は10年以上前から球団職員をメジャーに派遣し、さまざまな球場を参考にした。観客席もバーベキューテラスや掘りごたつなどを増設。球場外にはお化け屋敷まで誘致したから、単なる野球観戦だけにとどまらないボールパークとして人気を博している。

 13年に初のCS出場を果たすと、翌14年からは「カープ女子」が社会現象化。球団も若い女性を取り込むための企画を次々に打ち出した。そのひとつが14、15年の貸し切り新幹線だ。東京在住のカープ女子のため、新幹線を1本「貸し切り」とし、参加費5000円で抽選に当たった女性ファン約1300人を招待。球団にとって数百万円の赤字企画だったが、それを補って余りある宣伝効果をあげた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る