巨人2年連続V逸 敗因と今後の暗黒時代をOB2人が多角解説

公開日:  更新日:

 巨人の2年連続V逸だ。広島に14ゲームもの大差をつけられる歴史的大敗である。

 巨人は8月に一時4・5ゲーム差まで広島に迫ったものの、早々とペナントレースの灯を消してしまった。巨人などで投手コーチを歴任したOBの高橋善正氏(評論家)は「数打ちゃ当たる方式の外国人補強は今年も当たらなかった」とこう嘆く。

「今年も10人以上も在籍させた揚げ句(総勢13人)、ほとんど誰も期待通りの活躍をしてくれなかった。一年を通じて戦力になったのは、セットアッパーのマシソンくらいのもの。開幕4番のギャレットだって今は6番。年俸3億円で元ヤンキースの大物ということで楽しみにしていたが、打率・262、22本塁打、56打点では期待外れと言わざるを得ない。ロッテから獲得したクルーズはケガでほとんど一軍にいなかった。渡辺さん(主筆)も『由伸(高橋監督)の責任じゃない。フロントだ。補強してないんだから』と言っていたが、積極的に補強はした。でもダメだったということ。対照的に広島は昔から外国人選手の獲得がうまい。先発のジョンソンや中継ぎのジャクソンなどがしっかり機能した。広島との大きな差は、フロントの外国人補強力といえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る