巨人2年連続V逸 敗因と今後の暗黒時代をOB2人が多角解説

公開日:  更新日:

 巨人の2年連続V逸だ。広島に14ゲームもの大差をつけられる歴史的大敗である。

 巨人は8月に一時4・5ゲーム差まで広島に迫ったものの、早々とペナントレースの灯を消してしまった。巨人などで投手コーチを歴任したOBの高橋善正氏(評論家)は「数打ちゃ当たる方式の外国人補強は今年も当たらなかった」とこう嘆く。

「今年も10人以上も在籍させた揚げ句(総勢13人)、ほとんど誰も期待通りの活躍をしてくれなかった。一年を通じて戦力になったのは、セットアッパーのマシソンくらいのもの。開幕4番のギャレットだって今は6番。年俸3億円で元ヤンキースの大物ということで楽しみにしていたが、打率・262、22本塁打、56打点では期待外れと言わざるを得ない。ロッテから獲得したクルーズはケガでほとんど一軍にいなかった。渡辺さん(主筆)も『由伸(高橋監督)の責任じゃない。フロントだ。補強してないんだから』と言っていたが、積極的に補強はした。でもダメだったということ。対照的に広島は昔から外国人選手の獲得がうまい。先発のジョンソンや中継ぎのジャクソンなどがしっかり機能した。広島との大きな差は、フロントの外国人補強力といえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る