CSキーマンに? 巨人ギャレットが「残留」へ猛アピール

公開日:  更新日:

 巨人の助っ人がアピール中だ。ギャレット(35)のことである。

 23日のDeNA戦は3打数1安打。22日は逆転サヨナラ2ランを放つなど、21日から2試合連続で4打点と調子を上げている。

 開幕4番を任されながら、今の打順は6番だ。23日現在、打率.260、67打点、23本塁打。元ヤンキースの大砲という触れ込みで加入したわりに、いまひとつな成績である。V逸の“戦犯”の一人にも挙げられている。

 年俸3億円の1年契約。来季も巨人に残留する気なら、今が大事な時期である。性格はマジメだ。

「チームが2位を死守する目標に貢献したい」などと言うところは、日本人選手以上に優等生なのだ。

「減給でもいいから、と来季の残留を強く希望している。家族で来日していて、腰掛けではなく、巨人に骨をうずめる気で来ているのも球団内の評価が高いところ。研究熱心なだけに、来年は成績が上がりそうだという声が多い。確かに3億円は高いけど、下がってもいいなら残留確実。今の状態なら、クライマックスシリーズ(CS)では、クリーンアップ返り咲きの可能性もある。首脳陣も打線のキーマンとみているようです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る