• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CSキーマンに? 巨人ギャレットが「残留」へ猛アピール

 巨人の助っ人がアピール中だ。ギャレット(35)のことである。

 23日のDeNA戦は3打数1安打。22日は逆転サヨナラ2ランを放つなど、21日から2試合連続で4打点と調子を上げている。

 開幕4番を任されながら、今の打順は6番だ。23日現在、打率.260、67打点、23本塁打。元ヤンキースの大砲という触れ込みで加入したわりに、いまひとつな成績である。V逸の“戦犯”の一人にも挙げられている。

 年俸3億円の1年契約。来季も巨人に残留する気なら、今が大事な時期である。性格はマジメだ。

「チームが2位を死守する目標に貢献したい」などと言うところは、日本人選手以上に優等生なのだ。

「減給でもいいから、と来季の残留を強く希望している。家族で来日していて、腰掛けではなく、巨人に骨をうずめる気で来ているのも球団内の評価が高いところ。研究熱心なだけに、来年は成績が上がりそうだという声が多い。確かに3億円は高いけど、下がってもいいなら残留確実。今の状態なら、クライマックスシリーズ(CS)では、クリーンアップ返り咲きの可能性もある。首脳陣も打線のキーマンとみているようです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る